【録画版】

Materials Studio FEMとの連携によるマルチスケールモデリングに向けた熱硬化性樹脂の硬化反応解析と材料物性予測」

“Detailed reaction analysis and material property prediction of thermosetting resin toward a multiscale modeling using Materials Studio to link with FEM”

アブストラクト:
近年需要の高まる熱硬化性樹脂複合材料を対象として、主剤と硬化剤の組み合わせや反応条件による最終的な樹脂の状態を予測する方法を紹介する。Materials Studioの分子動力学計算モジュールForciteにより計算を行う。硬化反応の詳細な進行状況、最終的な架橋状態、ガラス転移温度、力学特性、フィラーとの界面の接合強度などの計算が可能である。さらに得られたパラメータを用いて有限要素法解析と連携するマルチスケールモデリングを提案する。

A case study for thermosetting resin is introduced to explore how combination of epoxy/amine and curing conditions affect the final structure and properties of resins. Forcite module of Materials Studio is used for calculation. This tool can predict detailed reaction procedure, network structure, glass transition temperature, mechanical properties, and adhesive strength for fillers. A multiscale modeling workflow is also proposed to bridge the gap between MS and FEM.

講演者:
BIOVIA 山本 智 (Satoru Yamamoto)

フォームに必要事項を記入しお申し込み下さい»

Materials Studio とFEMとの連携によるマルチスケールモデリングに向けた熱硬化性樹脂の硬化反応解析と材料物性予測


録画版Webセミナー申込
フォームに必要事項を記入しお申し込み下さい。